ハゲ・AGA

髪が陰毛化してきた時は危険サイン!原因と改善方法のまとめ

 

髪の陰毛化

髪がうねっている、縮れている、これってもしかして陰毛みたい・・・

そう心配になるほど髪質が変化してきた場合、それは危険信号化もしれません。

何故髪が陰毛化するのか?その原因と改善方法についてご紹介します。

 

髪の陰毛化は危険サイン!?原因と改善方法

髪が陰毛みたいにクセをもつと髪型がきまりません。できれば改善したいものです。

では髪の陰毛化は何故起こるのでしょうか?まず髪の陰毛化(クセ)のタイプには4つあります。

 

髪のクセのタイプ

  • 波状毛(はじょうもう)
  • 捻転毛(ねんてんもう)
  • 連珠毛(れんじゅもう)
  • 縮毛(ちぢれげ)

髪陰毛化

波状毛

波状毛は日本人に比較的多いタイプで、そのうねり方は軽いものから強いものまであります。

左右ばらばらに癖が出る事が多く、襟足だけが跳ねやすかったり、前髪の方向が左右に振れるなどの特徴があります。

髪の癖毛の原因は表面が凸凹したキューティクルにあり、特に雨の日などには水分を含んでうねりやすいです。

 

捻転毛

捻転毛は髪の毛が各所でねじれているという特徴があります。

髪の毛の太さも均一ではなく太い部分と細い部分が存在し、髪の毛の細い部分で髪の毛がうねりやすくなっています。

このうねりが発生している髪の毛は毛根や毛穴の部分に問題があります。

 

連珠毛

連珠毛はビーズアクセサリーのように膨らんだりしぼんだりを繰り返している髪の毛で、波状毛以上に太い部分と細い部分がはっきりしているのが特徴です。

肉眼では確認しにくいですが、手で撫でるとブツブツ膨らんでいるのが分かります。

 

縮毛

縮毛は細かく縮れているのが特徴的で、癖毛の中ではもっとも癖の強いタイプの髪の毛です。

捻転毛と波状毛の両方の性質を持ってることで、髪の毛が強く縮れている状態になります。

生まれつきこの髪質の人の場合、髪の毛の繊維が太く丈夫であるという特徴もあります。

 

髪の陰毛化の原因

今まではクセ毛ではなかったのに急に癖が出てきたり、陰毛みたいな毛が生えてきたりすることがあります。

これは何が原因なのでしょうか?

 

癖毛(陰毛化)になる原因

  • 毛穴の汚れ
  • 栄養不足
  • ヘアサイクルの乱れ
  • ホルモンバランスの乱れ
  • 薬の影響
  • 病気によるもの
  • タンパク質の突然変異

 

毛穴の汚れ

毛穴に汚れや皮脂がつまっていると髪の毛が均一ではなく変形して成長する場合があります。

部分的にくせ毛の所がある場合はその部分の毛穴の詰まりに注意してみて下さい。

対処としてはまず頭髪の洗い方の改善が必要です。

 

栄養不足

髪の毛の成長に必要な栄養素(タンパク質、ビタミンなど)が不足していると髪の成長が健全に育たず、くせ毛を伴って成長することがあります。

タンパク質やビタミン、ミネラルなど髪の成長に必要な栄養素が不足することで髪の成長力が低下して抜け毛や髪質の変化が発生することがあります。

 

ヘアサイクルの乱れ

ヘアサイクルは毛の成長→休止→後退→成長→休止→後退と3つのサイクルを繰り返している周期のことで、この周期の乱れが髪の毛の成長力の低下と異常毛の発生を生み出します。

主な原因としてストレスや生活習慣の乱れなどがあります。

 

ホルモンバランスの乱れ

AGAによる薄毛は男性にとって深刻な悩みです。

AGAは30代から発生しやすくなりその初期症状として髪質の変化が見られます。

女性の場合はホルモンバランスの乱れにより髪質に変化が起こり、特に出産時の前後では髪質に大きな変化が現れることもあります。

また、更年期によるホルモンバランスの乱れも髪質の変化を及ぼします。

 

薬の影響

薬の作用で髪質の変化を及ぼすことはよくあり、特に抗がん剤による作用は髪の毛が抜け落ちていくほど強力です。

薬は肝臓で代謝され血液内を通って全身を巡ります。

この薬の成分の効果が、関係ないはずの頭皮で影響を起こした場合に髪質の変化を及ぼします。

 

病気によるもの

病気による影響は特に体の修復に使う栄養が髪まで行き渡らずに起こる場合が多です。

さらにホルモンバランスの乱れや大きなストレスとなる問題である病気は間接的に髪の毛にも影響を及ぼしやすく、うねりや縮毛などの症状が出る場合があります。

タンパク質の突然変異

髪の毛を構成しているのは90%以上がケラチンというタンパク質によるものです。

まれにこのタンパク質の突然変異により髪質が変化してしまうことがあります。

この場合は遺伝などの先天的な要因もあります。

髪の陰毛化の改善方法

髪が陰毛化してしまった場合の改善方法は以下になります。

  • 頭皮マッサージ
  • 洗髪のやり方を変える
  • 体質改善
  • パーマをかけごまかす

頭皮マッサージ

頭皮マッサーには主に血行促進や毛穴の汚れを排出し髪の毛の成長を促す刺激を与えるなどの効果があります。

頭皮マッサージはその陰毛化した髪の毛の部分だけではなく全体的にマッサージすることが重要です。

特に首と後頭部のつなぎ目の部分は血液の循環の要ですので重点的にマッサージして下さい。

 

洗髪のやり方を変える

市販されているシャンプーの多くは洗浄力が強すぎ、界面活性剤とうの薬剤により頭皮や髪を痛める原因として問題視されています。

髪や頭皮を清潔に健康に保つためには毎日の洗髪は欠かせないことですので変えるべきは「洗髪方法」です。

対策としては「湯シャン」やシャンプーの変更があります。

>>湯シャンでハゲが治るのか3年間検証してみた結果

きちんと洗髪しているのに次の日は頭が臭う、クサイと感じる人は特に洗髪方法やシャンプー選びの改善をするようにしましょう。

>>頭が臭いと思った時に試してほしいオススメのシャンプー3選

 

 

体質改善

もし日ごろから、運動不足や不摂生な生活を繰り返している場合には髪質に変化を及ぼすことがあります。

原因は頭皮の皮脂過剰や、栄養不足、血液の循環が悪くなることなどが影響しています。

特に血流が悪くなるといくら正しく栄養を摂取していても髪の毛まできちんと栄養が届かないなどの障害が起こります。

他にも多いのは自律神経の乱れによる髪質の変化です。特に自律神経を壊している方は首のコリが強く血流の障害が起きている場合がありますので対策が必要です。

>>自律神経と首のコリの密接な関係性。解消法は簡単なストレッチ

 

パーマをかけごまかす

この方法は根本的に治す前にとりあえずパーマでうねりを故意にかけごまかしてしまうという方法です。

髪を切る必要もなく一番手っ取り早い方法ですが、パーマによって余計に髪を痛める場合がありますので注意が必要です。

癖毛や陰毛のようなうねりをもった髪の毛は何かしらの原因があり対策改善が可能ですが、髪の毛が他の毛に比べて異常に細く見えている場合や他の髪の毛まで弱って見える場合は注意が必要です。

薄毛の初期症状である可能性も高くなりますので対策を行うようにしましょう。

>>髪が抜けるのは何故!?原因と脱毛症の種類を簡単におさらい

 

育毛・発毛のブログでアセトが何位かチェックしていただくと有難いです!
↓↓↓↓↓

育毛・発毛ランキング

-ハゲ・AGA

Copyright© アセクラ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.