ハゲ・AGA

【薄毛対策】ジヒドロテストステロンを抑える4つの方法を紹介します

【薄毛も改善!?】ジヒドロテストステロンを抑える4つの方法

 

今回はデメリットの多い男性ホルモンのジヒドロテストステロンを抑える方法を紹介します。

テストステロンは増やしてもジヒドロテストステロンはできれば増やしたくないですよね。

ジヒドロテストステロンはAGA(男性型脱毛症)の原因にもなっていますし、これからの薄毛対策にも必須だと思います。

テストステロンは増やしてもジヒドロテストステロンは増やすな!←これ鉄則です。

 

ジヒドロテストステロンを増やしてしまう原因と改善方法

ジヒテストステロンを増やしてしまう原因と改善方法

ジヒドロテストステロンを増やしてしまう原因には主に3つのことが大きく関係していると言われています。

 

ジヒドロテストステロンを増やしてしまう3つの原因

ジヒドロテストステロンを増やしてしまう3つの原因

  • ストレス
  • 運動不足
  • 栄養不足

これらがジヒドロテストステロンを増やしてしまう主な原因でもあり、こういった要因からジヒドロテストステロンが多くなった時、男性は皮脂の分泌が過剰になったり、薄毛の原因やムダ毛の増殖といった、本来できれば避けたい症状を引き起こしてしまうのです。

 

ジヒドロテストステロンの改善方法

ではこのデメリットの多いジヒドロテストステロンを抑えるためにはどうしたらよいのか解説していきます。

次に上げる5つの方法でジヒドロテストステロンの分泌を抑えるようにしましょう。

 

ジヒドロテストステロンを抑える4つの方法

  1. 食生活を改善する
  2. 運動をする
  3. 習慣を改善する
  4. サプリを活用する

 

食生活を改善する

体内に栄養素が不足しているとジヒドロテストステロンを生成する働きがある「5αリダクターゼ」が活性化してしまいます。

偏った食生活は、5αリダクターゼを活性化させ大切な栄養素である亜鉛、ミネラル、タンパク質などが不足させてしまうのでバランスのとれた食生活を送るように心がけましょう。

 

運動をする

運動不足は身体の血液のめぐりや汗の排出を鈍らせます。

ジヒドロテストステロンは発汗や排尿によって排出されることもあり、適度な運動で汗をかくということはジヒドロテストステロン抑制のためにも大事なことと言えます。

運動は軽く汗を流す程度の有酸素運動が望ましいでしょう。

 

習慣を改善する

習慣の改善とは普段の生活の中で何気なくしているあまり良くない習慣です。

  • タバコの吸い過ぎ
  • お酒の飲みすぎ
  • 射精のしすぎ

 

タバコの吸い過ぎ

喫煙は活性酸素を生み出す原因となります。そしてこの活性酸素を分解してくれるのは酵素ですがこのとき大量の亜鉛も消費されると言われています。

亜鉛にはジヒドロテストステロン生成を阻害する性質もありこの亜鉛の消費によって活性酸素の分解に支障が出てしまうのです。

このことから活性酵素を生み出す原因となる喫煙はできるだけ控えることが望ましいでしょう。

お酒の飲みすぎ

お酒を飲むと、そのアルコールを分解する過程で体内の亜鉛やミネラル、ビタミンなどの栄養を消費してしまいます。

さきほども言いましたが、亜鉛にはジヒドロテストステロンの生成を阻害する働きがありますので、この大事な亜鉛を浪費しないためにもお酒の飲みすぎには気をつけましょう。

射精のしすぎ

射精をすると、精子の成分である亜鉛やタンパク質を消費してしまうことになります。

適度になら問題もないようですが、やり過ぎは大事な栄養素を浪費してしまうことになりますのでできるだけ気を付けたほうが良いでしょう。

ハゲはエロい!?エロいとハゲる!?その関係性を簡単に説明します。

 

サプリを活用する

サプリではジヒドロテストステロンを減らすのに役立つ亜鉛やイソフラボンを効率的に摂取できます。

普段食生活であまり摂取できない方にはおすすめです。

亜鉛

イソフラボン

ジヒドロテストステロンとAGAの関係性

 

ジヒドロテストステロンとAGAの関係性

ジヒドロテストステロンAGA(男性型脱毛症)の原因でもありますが、これはすべての薄毛の原因に当てはまるわけではありません。

薄毛には様々なタイプの脱毛症があります。髪が抜けるのは何故!?原因と脱毛症の種類を簡単におさらい

びまん性脱毛症や円形脱毛症は女性も多くかかる薄毛症状ですが、ジヒドロテストステロンが特に関係しているのは男性に多いAGAです。

そもそもAGAとは男性型脱毛症の意味ですがこの「男性型」とは男性ホルモンが関係していることを指します。

そしてこの男性ホルモンこそがジヒドロテストステロンであり男性型脱毛症を引き起こす原因となっているのです。

この男性型脱毛症=AGAの症状ですが、主に生え際からのM字ハゲや頭頂部からのU字ハゲを引き起こすことが特徴です。

部分的に薄毛になる場合もありますし、合併して全体的に薄毛になる場合もあります。

そしてこのジヒドロテストステロンとAGAの関係性ですが、簡単に言いますとジヒドロテストステロンが薄毛を促す「脱毛因子」を増やすことがAGAと大きく関係しているということです。

ですのでこの有害なジヒドロテストステロンの生成を抑えることが薄毛対策として有効だと考えられます。

 

まとめ

ジヒドロテストステロンを抑制するには、ストレスの解消や適度な運動、禁煙など生活習慣に関する対策や、亜鉛の摂取などが有効とされています。

おさらい

ジヒテストステロンを増やす3つの原因

  • ストレス
  • 運動不足
  • 栄養不足

ジヒテストステロンを抑える4つの方法

  • 食生活を改善する
  • 運動をする
  • 習慣を改善する
  • サプリを活用する

これからの薄毛対策としてもジヒドロテストステロンの分泌を増やさないためには規則正しい生活習慣が必要となってきます。

あまりシビアに考えすぎはストレス増加にも繋がりますので、もし自分が食生活の乱れや運動不足を不安に感じている場合は取り入れ改善につなげましょう。

 

育毛・発毛のブログでアセトが何位かチェックしていただくと有難いです!
↓↓↓↓↓

育毛・発毛ランキング

-ハゲ・AGA

Copyright© アセクラ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.