ハゲ・AGA

【抜け毛対策】亜鉛とノコギリヤシが鉄板?!相乗効果で育毛率UP

亜鉛とノコギリヤシの相乗効果とは

亜鉛とノコギリヤシは薄毛、育毛対策には有名な成分であり、ノコギリヤシ、亜鉛が使われている育毛サプリなどもよく販売されています。

作用としてはAGA(男性型脱毛症)の原因の男性ホルモン(ジヒドロテストステロン)を生成する「5αリダクターゼ」の働きを抑えることです。

ノコギリヤシを日常的に摂取している人には薄毛の人が少なく、亜鉛は髪の生成するために重要なミネラルということで薄毛対策としては大注目の成分ですので今回はこの2つの成分について詳しく紹介します。

 

亜鉛の効果

亜鉛は肉類や魚介類、海藻、野菜、豆腐などに多く含まれ、具体的には牡蠣、牛肉、納豆、チーズなどに多く含まれています。

亜鉛は抜け毛予防と、タンパク質から髪が合成されるのにも関わる栄養素とされ不規則な生活や偏った食事などを続けると体内の亜鉛が不足し体調に影響を及ぼします。

特に髪に関する影響が大きいので薄毛にお悩みの方は特にチェックしておいて下さい。

 

髪の主成分の生成

髪の毛の主成分はケラチンタンパク質と呼ばれるタンパク質であり、食事から摂取されたタンパク質が体内でアミノ酸に分解されケラチンが作られ髪や爪を生成します。

アミノ酸からケラチンタンパク質が作られるには、ビタミンやミネラルのサポートが必要であり、特に亜鉛が髪の毛の合成に大きな役割を持ちます。

 

毛母細胞の活性

亜鉛には毛母細胞の分裂を活性化し新陳代謝を促進する作用があります。

亜鉛は髪の毛の成長するのに必要な栄養素であり、きちんと亜鉛を補えていると髪の毛の伸びる速度も速くなりますが、逆に不足すると、髪が細くなってしまったり、抜け毛や白髪の原因にもなります。

 

5αリダクターゼの抑制

亜鉛には、AGAを招く男性ホルモン(ジヒドロテストステロン)を生成する5αリダクターゼを抑制する作用があります。

ある研究では人の皮膚細胞に亜鉛を加えたところ、5αリダクターゼを100%阻害したという結果が得られ、亜鉛を摂取することで男性ホルモンによる抜け毛の予防効果が期待できるということが証明されました。

 

ノコギリヤシの効果

ノコギリヤシはヤシ科の植物で主に、滋養強壮剤や前立腺肥大の薬としても利用されており、その起源は古く、アメリカ先住民がノコギリヤシを薬として用いていたといいます。

さらには男性の薄毛の原因とされる男性ホルモン(ジヒドロテストステロン)の抑制効果も期待されています。

 

ジヒドロテストステロンの抑制

ノコギリヤシは亜鉛と同様、AGAを招く男性ホルモン(ジヒドロテストステロン)を生成する5αリダクターゼを抑制する作用があり、間接的に脱毛の原因を抑えます。

ジヒドロテストステロンは、頭頂部や前頭部の脱毛、前立腺肥大、体毛の増加、皮脂分泌の増加などを招き、抜け毛はジヒドロテストステロンが毛乳頭のレセプターと結合することで誘発されますが、ノコギリヤシはこの5αリダクターゼの働きを抑制することで結果、ジヒテストステロンの生成も抑制します。

AGA治療薬として有名なプロペシアの成分「フィナステリド」は、ノコギリヤシを研究して開発された成分でもあります。

 

亜鉛とノコギリヤシの副作用

亜鉛もノコギリヤシも天然の成分であり、医薬品成分のような危険な副作用の心配はないでしょう。しかし、亜鉛やノコギリヤシに限らずどんな栄養素も過剰摂取は良くないです。

 

どちらも副作用の心配は少ない

亜鉛もノコギリヤシも天然成分のため副作用の心配は少ないです。

特に亜鉛は食品に含まれ、「髪や肌の健康維持」は大事な栄養素ですが、人に不足しがちな栄養素でもあり、亜鉛が不足して起きる亜鉛欠乏症では、薄毛の原因になることもあります。

どちらも積極的に摂取していきたい成分でありますが、ノコギリヤシも亜鉛も過剰摂取は控えた方が良いでしょう。

 

決められた用量で飲むこと

亜鉛の過剰摂取では、吐き気や嘔吐、頭痛や発熱、倦怠感、不安感、黄疸、低血圧、腎臓障害や神経障害が起きる可能性もあり、過剰摂取による貧血なども気を付けなければいけません。

ノコギリヤシの過剰摂取では、吐き気や嘔吐、胃の不快感、便秘、下痢などが症状として起きる場合がありますのでどちらも決められた用量以内で摂取するようにして下さい。

 

 

相乗効果は期待できる?

亜鉛とノコギリヤシが一緒に配合されているサプリは多いです。それは亜鉛とノコギリヤシを併用することによる育毛の相乗効果が期待できるからでもあります。

 

AGA予防に期待大

亜鉛とノコギリヤシのどちらにも薄毛の原因を作り出す元凶の5αリダクターゼを抑制する作用があるとことは説明しましたが、亜鉛とノコギリヤシの両方が配合されているサプリでは、より効果的にAGAの原因となる男性ホルモン生成の抑制に期待できるからと考えられます。

さらに亜鉛には毛母細胞を活性化し、髪の成分であるケラチンの生成を促す作用もありますので、さらなる効果が期待できると思います。

 

発毛効果はない

亜鉛とノコギリヤシは薄毛予防には効果が期待できると説明してきましたが、ない所に毛を生やす「発毛効果」があることは現在証明されていません。

あくまで亜鉛とノコギリヤシの作用は抜け毛の原因を阻害することであり、それはつまり薄毛の進行を予防するということであり髪の毛を増やすということではないのです。

発毛効果がある成分として有名なのはミノキシジルです。これは発毛効果が証明されておりますが特に飲み薬では副作用(個人差がある)もあり安易に手が出せるものでもありません。

亜鉛とノコギリヤシには発毛効果はありませんが、薄毛の進行を予防するという点では新たに生えてくる髪の毛の成長を助け、髪の毛を増やすということにも繋がると思いますのでやはり摂取していきたい成分であります。

 

亜鉛とノコギリヤシの摂取方法

亜鉛は食事からも摂取できますが、ノコギリヤシも一緒に摂取したい場合はサプリを利用するとお手軽です。サプリには亜鉛やノコギリヤシ以外にも髪の毛に良い成分などが配合されているものもありますのでオススメです。

しかし過剰摂取にならないように摂取量には十分気を付けて下さい。

 

サプリで摂取

亜鉛とノコギリヤシにはそれぞれ単体のサプリと両方が配合されているサプリがあります。

抜け毛予防として使用したい方は両方が配合されているサプリが良いでしょう。特に育毛剤でも有名なチャップアップが販売しているチャップアップサプリはオススメです。

育毛サプリメントは、育毛剤と併用することでさらに相乗効果もあり薄毛対策に期待ができますので、徹底的に育毛に励みたい方は併用することをオススメします。

そして亜鉛は育毛に限らず皮膚や粘膜の健康、味覚にも関わる必須ミネラルでもありますので、薄毛の問題を抱えていない人でも必要量は摂取していきたい成分です。

 

食品で摂取

亜鉛が含まれている食品には生牡蠣、牛肉、卵黄、蟹、牛・豚・鶏のレバー、チーズ、などがあり、その中でも牡蠣は最も多くの亜鉛が含まれています。

亜鉛の吸収を良くするためにはビタミンCと一緒に摂取するのが良いでしょう。亜鉛の含まれる食材にレモンをかけて食べるなど工夫してみて下さい。

 

摂取量の目安

亜鉛の摂取量の目安は成人男性で1日12mg、成人女性で9mgが推奨摂取量とされています。ちなみに牡蠣の亜鉛含有量は約2mg程度なので、推奨量を牡蠣の量に換算すると4~6個程度で摂取できることになります。

摂取量の上限は成人男性で40~45mg、女性で35mgとされています。

ノコギリヤシの摂取量には明確な基準量がないようですのでサプリなどに表記されている用量を守って摂取して下さい。

 

育毛剤と併用で効果UP

ノコギリヤシと亜鉛は薄毛予防に効果的ですが育毛剤との併用でさらなる抜け毛予防・育毛促進に期待がもてます。

育毛剤には育毛成分以外にも、頭皮環境を整えるための成分が多数配合されており、抜け毛の増加は男性ホルモンの影響だけではなく、頭皮環境の悪化で起きる事もあります。

特に頭皮環境の悪化による抜け毛は、サプリや育毛剤での効果が早く表れやすいと言われていますので是非試してみて下さい。

 

最終手段は発毛薬

より確実に発毛効果を実感したいという方は、発毛に期待ができるミノキシジルや5αリダクターゼの阻害薬のプロペシア(フィナステリド)を併用することで発毛効果に期待ができます。

フィナステリドには個人差がありますが副作用も確認されています。症状としては男性機能障害(性欲の減退・勃起機能不全)・肝機能障害などが主でが、フィナステリドの副作用は他のAGA治療薬に比べると発症率が1%以下と低いので比較的安全に使用できます。

心配な方は副作用についてもしっかり理解できるように、医師のもとで服用するのが安全です。

 

まとめ

ノコギリヤシと亜鉛は多くの育毛サプリでも配合されている成分であり、ともに5αリダクターゼの働きを抑制する作用でAGAの原因を抑えることができます。

特に亜鉛は、体内のアミノ酸から髪の主成分であるケラチンの合成を促し髪を健全育てるのに必要な栄養素ですので、不足しないようにしましょう。

ノコギリヤシ・亜鉛ともに副作用はありませんが過剰摂取には十分気を付け、決められた用量を服用するようにしましょう。

ノコギリヤシ・亜鉛に加え、フィナステリドやミノキシジルを併用するとより良いかもしれませんがその時は、副作用などのリスクも踏まえ安全に使用するようにして下さい。

 

 

育毛・発毛のブログでアセトが何位かチェックしていただくと有難いです!
↓↓↓↓↓

育毛・発毛ランキング

-ハゲ・AGA

Copyright© アセクラ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.