ハゲ・AGA

【写真で証明】ハゲを克服するためにハゲがやるべき事の完全マップ

ハゲ復活

ハゲになってしまった、もうおしまい・・・そう思っているあなた。いつまでもクヨクヨ落ち込んでいても何も解決しませんし、ハゲたら終わりではありません。

この記事では私をハゲの悩みから救った方法、ハゲた人がやるべき手順を完全に解説しますのでこれからハゲを改善する方法をお考えの方は是非最後までご覧ください。

 

ハゲてからがスタートです!

 

ハゲを克服する方法

 

ハゲを克服するための絶対的方法は以下の4つです。

  1. 育毛剤・発毛剤
  2. AGA治療
  3. 増毛
  4. 頭皮マッサージ

どの方法もハゲ克服に期待はもてますが、それぞれ結果が出る時間や金額も違いますし人によって脱毛の種類も違いますのでそれぞれ自分に合った方法を選ぶ必要があります。

>>髪が抜けるのは何故!?原因と脱毛症の種類を簡単におさらい

 

私はハゲ始めたときまずは育毛剤から始めましたが、とりあえず一刻も早くフサフサになりたいと思っていたので、ある決断をしました。

これは20年以上ハゲに苦しめられた男の復活の歴史です。

 

まず、私のハゲの経歴はこちら

15歳 太くてストレートだった髪が突然「陰毛化」し始める
18歳 抜け毛が増えはじめおでこの広がりが気になり始める
24歳 前髪がスカスカで全体的なボリュームが減ってくる
30歳 つむじが薄くなりはじめ、揉み上げの上サイドも薄くなりはじめる
35歳 前髪はスダレ状態、つむじはこぶし大以上のハゲが

 

本当に悩むだけ悩みましたね。もう人生オワタと・・・

しかし悩んだところで、何も解決しないと悟った私はハゲ克服に向けてここから本格的に動き始めました。

その結果・・・

私を知ってもらったところで断言します。

 

「ハゲ克服は可能です!」

 

ではその私レベルとはどの位なのか写真をご覧下さい。

       ↓ ↓ ↓ ↓

これが、ある方法で、次のように生まれ変わりました。

それがこちら ↓ ↓ ↓ ↓

撮った場所は違いますが、これ同一人物の写真です。

そんな簡単に変わる訳ない!と思っているそこのあなた・・・

 

それ、半分間違いで半分正解です。

 

手っ取り早くフサフサになりたい方

では写真のようにあまり時間をかけずに手っ取り早くハゲを克服した方法を紹介します。

正解を言いますと、これは育毛剤や発毛剤を使用して日々マッサージを続けたり、ミノキシジルやフィナステリドを使ったAGA治療を行った訳ではなく、とあるヘアコンサルタント企業で「増毛」をしました。

その企業は、アートネイチャーです。

 

えっ、それはないでしょ!と思った方、よく考えてみてください。

 

育毛剤を使用したりAGA治療しながら髪の毛を増やすのは時間が長くかかります、しかも自分に確実に効果が出るかどうかは分かりません。

そんな不安の中、フサフサなることを信じて続けられる人は少なく、私も最初は育毛剤を使用してきましたがやはり効果が出るまでには時間がかかり、ある日、「どういう方法でもいいから髪が欲しい」と思って行動した先に出会ったのがアートネイチャーです。

 

今すぐに自然な髪を手に入れたいと本当に悩んでいる人はこの方法が一番間違いないのです。

ちなみにアートネイチャーで見た目復活した状態になっからでも育毛はできます。とりあえず外見上フサフサになってからこっそり育毛剤を使用しても良いのです。私はしてます。

 

それと、もし料金に関して不安な方は私が実際に契約した時の金額を教えますのでこれ見て決めてみてもよいと思います。

>>【契約書あり】アートネイチャーのマープの値段は○○円でした。

 

これは、本当に手っ取り早くフサフサになりたいと思う方向けの方法です。

手っ取り早く増毛

とにかく確実に早く増毛したいという方は断然アートネイチャー がおすすめです。

 

育毛剤を使用する方法

一番手軽な方法で育毛剤を使用する方法があります。

しかし、育毛剤には個人の相性がありますし、割と効果がでてくるまで時間がかかります。

それでも、辛抱強く使い続ければ薄毛の進行を阻止し、発毛にもきっと期待できるでしょう。

私はあらゆる育毛剤を使ってきましたが今はこれしか使っていません。自分にはとても相性が良かったので記事を参考にして下さい。

>>【写真あり】ストレスでハゲあがった私を救った一押しの育毛剤は○○

 

育毛剤のタイプ

育毛剤のタイプ(成分)には大きく分けて3種類あります。

  • 髪の毛の成長を促す成分
  • 抜け毛を防ぐ成分
  • 頭皮を健全に保つ成分

 

髪の毛の成長を促す成分

まず、髪の毛が作られるのは、毛根にある「毛母細胞」からで栄養は頭皮の下にある「毛細血管」から受け取り成長していきます。

しかし、毛母細胞は加齢とともに、毛細血管は生活習慣などの乱れにより衰えていきます。

こうした原因から、成長しずらくなった髪には以下のような育毛成分が適していると言えます。

  • 毛母細胞を活性化させる成分
  • 毛細血管を広げて血流を良くする成分

ではそれぞれの成分とは何か見ていきましょう。

 

毛母細胞を活性化させる成分

  • ステモキシジン
  • パントテニルエチルエーテル
  • ペンタデカン酸グリセリド
  • 6-ベンジルアミノプリン

毛細血管を広げて血流を良くする成分

  • イチョウ葉エキス
  • L-アルギニン
  • センブリエキス
  • トウガラシエキス
  • ニンニクエキス
  • ミノキシジル

 

抜け毛を防ぐ成分

抜け毛に繋がる大きな原因の1つが、脱毛を促すジヒドロテストステロンという男性ホルモンの影響です。

この男性ホルモンの働きを抑制する成分は以下の通りです。

 

男性ホルモンの働きを抑制する成分

  • アセチルテトラペプチド
  • 冬虫夏草エキス
  • ノコギリヤシ
  • ヒオウギエキス
  • フィナステリド

 

頭皮を健全に保つ成分

まず髪の毛の成長には髪の毛を作り出す土台である、健全な頭皮が必要です。

ですので、常に頭皮に過剰な皮脂やフケ、かゆみを伴っている状態は健全とはいえません。

このような症状がみられたらすぐ改善する必要があります。

改善方法としては正しい洗髪や食生活の見直し、他にもこれらを健全な頭皮環境に整えてくれる働きのある成分がありますので紹介します。

皮脂を抑制する成分

  • アスコルビン酸
  • カシュウ
  • ピリドキシンHCI

皮脂の分泌が多いと頭皮のニオイの原因にもなりますので気になる方は早めに改善に取り組むようにしてください。

>>【保存版】頭が臭い!!原因と改善方法。自信のあるおすすめシャンプー3選。

 

保湿に働く成分

  • アルニカエキス
  • ウメエキス
  • クロレラエキス
  • ココナッツオイル
  • ジオウエキス
  • トウニンエキス
  • リジン

頭皮の炎症を予防する成分

  • イオウ
  • オウゴンエキス
  • サクラ葉エキス
  • トウキエキス
  • ビワ葉エキス
  • ユキノシタエキス

菌の繁殖を防ぐ成分

  • チョウジエキス
  • ヒノキチオール
  • ピロクトンオラミン
  • ボタンエキス
  • ユーカリエキス

髪の栄養となる成分

  • 亜鉛
  • ビオチン
  • ミレットエキス
  • メチオニン

頭皮の老化を予防する成分

  • L-システイン
  • サンショウエキス
  • シナノキエキス
  • 緑茶エキス
  • プラセンタエキス
  • モモ葉エキス
  • ローズマリーエキス
  • シスチン

これらの特徴の成分を含んだ育毛剤でおすすめなのはチャップアップ(CHAPUP) です。

 

発毛剤を使用する方法

発毛剤には発毛を促進する有効成分が配合されています。育毛剤とは成分の効能が違ってきます。

発毛剤 ・血行を促進させて細胞に栄養を行き渡らせ、発毛を促進する
・毛包(毛を作り出す場所)を活性化させて、新しい髪の生成を促す
育毛剤 ・頭皮を清潔に保ち、髪が育ちやすい環境を整える
・薄毛の原因物質の生成を防いで、これ以上の抜け毛を防ぐ

育毛剤は、今ある髪を健全に保ち「これ以上の抜け毛を防ぐ」のに対して発毛剤は、「新たに髪の毛を生やす」ことが目的です。

発毛剤とは髪の毛が生えていない部分に新たに毛を生やすためのヘアケア商品

発毛剤に含まれる発毛成分はミノキシジルが代表的です。

ミノキシジルには内服薬と外服薬があり、効能は同じですが内服薬の方がミノキシジルが血流にのって細胞まで届くため成分の浸透率が高く、外用薬よりも高い発毛効果を発揮すると言われています。

 

ミノキシジルの効能と副作用

ミノキシジルの効能

  • 血行を促進する
  • 毛母細胞「毛を作る場所」を活性化させる

ミノキシジルの副作用

  • 頭皮のかゆみやかぶれ
  • 頭痛
  • 動悸

※ミノキシジルの副作用について発症するのは外用薬を使用した約8%の人程です。

 

ミノキシジルの内服薬

ロニテン

ミノキシジルタブレット

 

ミノキシジルの外服薬

  • リアップシリーズ
  • スカルプD メディカルミノキ5
  • リグロEX5
  • ロゲイン
  • カークランド
  • ポラリス

 

ではこのミノキシジルはどこで購入できるのでしょうか?

ミノキシジルの内服薬は、海外で承認されている医薬品でが日本の薬局などでは購入することはできません。(※海外からの輸入代行している一部のサイトからは購入することができますが、安全・品質が保証されませんのであまりお勧めできません。)

また、一般の皮膚科でも取り扱っていないところもありますので自洗に電話で確認するか、頭髪専門の医療機関にご相談ください。

ミノキシジルの入った塗り薬は薬局や通販サイトでも購入することができます。

特に人気のある発毛剤を紹介します。

 

人気のあるミノキシジルの入った塗り薬

  • アンファーの「スカルプD メディカルミノキ5」
  • 大正製薬の「リアップX5」
  • ロート製薬の「リグロEX」
  • 東和薬品の「ミノアップ」

 

人気のあるミノキシジルの入った発毛剤

アンファーの「スカルプD メディカルミノキ5」

スカルプD

アンファーの「スカルプD メディカルミノキ5」は、ミノキシジルを5%配合した発毛剤です。

  • クッションラバーヘッドを採用した頭皮への負担を減らす使い心地を実現
  • しっとりにこだわった使用感
  • 日本国内最大濃度の5%を配合した酸化防止剤フリーのミノキシジル

 

大正製薬の「リアップX5プラスローション」

リアップ

  • リアップシリーズ最大量のミノキシジル5%配合
  • 国内初7種の有効成分を配合
  • 日本の発毛剤のパイオニアであるメーカーの信頼性

 

ロート製薬の「リグロEX」

リグロ

  • ミノキシジル5%配合
  • 防腐剤・酸化防止剤フリー
  • しっとり頭皮に高密着する使用感

 

東和薬品の「ミノアップ」

ミノアップ

  • ミノキシジル5%配合
  • 壮年性脱毛症における発毛、育毛及び脱毛(抜け毛)の進行予防

 

 

AGA治療

AGAとは「男性型脱毛症」といわれる進行性の薄毛で、成人男性の実に4人に1人が発症するといわれています。

基本的にAGA治療は投薬治療(飲み薬・塗り薬)を行います。

AGA治療を行ってくれるのは代表的にはAGAクリニックですが一部の皮膚科などでも治療してくれるところもあります。

AGA治療に使われる飲み薬は、基本的に医師の処方せんが必要ですので薬局やドラッグストアでは手に入れることができません

※海外からの輸入品と取り扱っている会社「i Herb」などでは「プロペシアやフィンペシア」など一部購入できる商品もあります。

 

AGA治療に使用される薬は、市販の育毛剤やサプリに比べ強い作用をもつため、毛を生やす効果があるといわれます。

治療に使われるのは主に、次の2種類の薬です。

 

1.発毛促進する塗り薬 ・飲み薬

薬名:ミノキシジル
働き:1.休止期から成長期への誘導」と2.成長期の延長の作用があるとされます。 この作用によって、髪の毛の本数が少ない状態・軟毛化した状態から、髪の毛の量を増やし、太く長い毛に成長させる

 

2.脱毛ホルモンを抑制する飲み薬

薬名:フィナステリド
働き:脱毛ホルモンのもととなる「5-α還元酵素」と「テストステロン」の結合を阻害する。

 

多くの場合、これら2種類の薬を併用した治療となります。

あくまで毛を生やすのはミノキシジルですが、抜け毛を抑制するフィナステリドを加えることで、より効果的に薄毛が改善できます。

AGAクリニックでは、AGA専門医が患者さん一人ひとりに最適な治療プランを提示してくれるので、高い確率でAGAを改善することができます

AGA治療を行うことで薄毛の改善はできますが、完治するということは難しいので継続的な治療が必要となります。

AGAクリニックなら、個人個人の薄毛の状態や治療の経過状況に応じて、

・治療薬の量の調整
・通院回数などの調整

を行ってくれるので安心して通えますが長期の治療が必要なことは覚えておきましょう。

AGA治療まとめ

基本的にAGA治療は投薬治療(飲み薬・塗り薬)を行う

治療が行える所は代表的にはAGAクリニックですが一部の皮膚科などでも治療してくれるところもある

AGAが難しいため、症状が改善しても継続的な治療が必要になる

増毛

「増毛」は人口毛を使って自毛に編み込んだり、ウィッグを使ったり、増毛スプレーなどの方法がありますが、魅力はなんといっても素早く確実に髪を増やすことができるという点です。

育毛剤やAGA治療には何より時間がかかります。それに踏まえ、自分に適しているのか?いつ増えるのか?など不安がつきまとうことと、確実に増やせるという保証もないのが事実です。

その点、時間をかけずに確実に髪を増やしたい方には「増毛」がおすすめです。

では増毛にはどのような種類があるのでしょうか?増毛の種類は主に4パターンです。

 

増毛の種類4パターン

  1. 自毛に人口毛を編み込むタイプ
  2. ウィッグタイプ
  3. 接着シートタイプ
  4. パウダー&スプレータイプ

 

人口毛を編み込むタイプ

これは、自分の髪の毛に人口を1本1本編み込み増毛する方法です。

自毛があることが前提ですが、その仕上がりは最も自然に近くそれが人口毛と気づかれることはまずないでしょう。

きになるお値段ですが1本あたりの単価が約60円(プランによって多少変わる)となかなかの値段ですが詳しくは実際に私が契約した過去を記事にしていますので気になる方はご覧ください。

>>【契約書あり】アートネイチャーのマープの値段は○○円でした。

 

ウィッグタイプ

土台となるシートに人口毛を植え付け、個人個人の薄毛面積に合わせたサイズでカバーする方法です。

ウィッグタイプの増毛は特に頭頂部の薄毛にお悩みの方である程度、薄毛が進行した方におすすめです。

ウィッグ

ココに注意

ネットなどで市販されている商品は安価ですが品質が劣り、自分の毛質に合わず不自然に仕上がる場合がありますのでご注意ください

ウィッグタイプの増毛をお考えの方は、何より「自然」さを重要視して下さい。

毛質も全く自毛と違い旋毛もないようなウィッグであれば他人からバレバレで余計に恥ずかしい思いをしてしまいます。

私は現在アートネイチャーのウィッグを使用していますが、自分の頭の形を3Dスキャンし白髪の具合やくせ毛も含め自分に合ったウィッグを作ってもらいましたので自然な仕上がりに満足しています。

>>アートネイチャーのウィッグの種類と値段は?使用者が本音で語る

 

接着シートタイプ

接着シートタイプは人工毛を植え込んだ非常に薄い膜のシートを頭皮に接着するものです。

非常に画期的な商品で主に円形脱毛症などポイントで薄毛を発症している人におすすめな増毛法です。

接着力も強く引っ張っても簡単には剥がれません。

増毛シート

画:腕に張り付けた状態

 

ココに注意

接着力はありますが産毛が多い部分に貼るとシートがしっかり貼りつかず途中で剥がれてしまうことがあります

 

パウダー&スプレータイプ

増毛パウダー、増毛スプレーと言われるタイプで、薄毛が気になる頭皮に直接スプレー&フリカケて使います。

何より手軽で簡単に素早く増毛できるのことで人気の商品です。

アートミクロン斜め

増毛パウダーとスプレータイプどちらが良いのかは好みですが、個人的にはパウダータイプの方がおすすめです。

理由は、スプレータイプは結構の量をスプレーする必要があり仕上がり&コスパ的にパウダータイプより劣る所です。

またスプレータイプは髪がガチガチになりべたつきやすいです。

パウダータイプの欠点としては粉が飛び散る所で、上手に使用しないと床や顔に黒い粉が飛び散り非常に処理が面倒です。

そこでおすすめなのはパウダータイプで唯一粉が飛び散らないタイプの「アートミクロン」です。

>>【アートネイチャー】アートミクロンの評判は?購入を検討中の方へ

 

ちなみに私は「人口毛を編み込むタイプ」と「ウィッグタイプ」の増毛を使用していますがどちらの商品もアートネイチャーさんの商品を利用しています。

アートネイチャーさんの増毛の種類については分かりやすく簡単に説明しているこちらの記事をご覧ください。

自毛?ウィッグ?アートネイチャーの増毛の種類を解説

 

植毛

植毛

植毛とは自分の頭皮に人口毛もしくは自毛を植え込む増毛法です。

人工植毛

ナイロンやポリエステルなどで作られた人工毛を薄毛の箇所に移植する方法です。

毛髪のキューティクルに似た表面構造を作る事で、自然に近いツヤを出し違和感のないように仕上げることができます。

 

自毛植毛

自毛植毛はAGA(男性型脱毛症)の影響を受けにくい後頭部の髪の毛を毛根ごと採取し、採取した毛を薄毛になっている頭皮へ植え付ける方法です。

 

それぞれのメリットデメリットは?

植毛のタイプ メリット デメリット
人工植毛
  • 何本でも植えることができる
  • 自毛植毛より価格が安い
  • メンテナンス費用がかかる
  • 皮膚トラブルの危険性がある
自毛植毛
  • 仕上がりが自然
  • メンテナンスがほぼ不要
  • 抜け落ちてもまた生えてくる
  • そもそも植える毛がないとできない
  • 毛を採取する後頭部に傷が残ることがある

 

植毛の価格は?

植毛にかかる費用は、治療方法や治療内容によって異なります。
一般的に、植毛をする頭皮の面積が広いほど治療にかかる値段は高額になります。

例:自毛植毛

・4600本植毛して105万円

・4000本植毛で100万円

植毛する面積にもよりますが、100万~150万を目安にしてよさそうです。

 

保険は使える?

植毛で健康保険は使えません。植毛手術は、保険適用外の自由診療に該当します。
見た目の改善が目的とされる美容整形と同じ扱いであり、手術費用は全額自己負担になります。

 

人工植毛より自毛植毛の方が拒絶反応が出にくく、仕上がりがナチュラルになります。

しかし、自毛植毛の場合は金額も高額で傷跡が残るなどのリスクもありますので植毛をお考えの方は専門の医療機関で十分詳しい説明を受けてから決断するようにして下さい。

 

頭皮マッサージ

頭皮マッサージの目的は頭皮の血流を良くするためです。

頭皮マッサージが薄毛改善に効果あるかないかは意見が分かれるところですが、実際に頭皮マッサージが薄毛改善に効果があると実証した研究データもありますし、私自身頭皮マッサージを続けていて薄毛改善に大きな効果を得ていることを実感しています。

特に自律神経の乱れで薄毛になった私には血流改善が課題でした。

>>自律神経失調症からハゲ出した私がオススメする改善方法!

 

頭皮マッサージが薄毛に効く理由

  • 頭皮が軟らかくなり髪が育ちやすい環境に
  • 血流が良くなり栄養が髪に届きやすくなる
  • 振動圧刺激による細胞の活性化

 

頭皮マッサージは湯船に入ってリラックスした状態でしてあげることで快眠にも繋がりおすすめです。

自分でマッサージするのが面倒な方は頭に装着するだけのこちらの商品が人気です。

 

シャンプーを変える

市販のシャンプーの多くは洗浄力が強く、かえって皮膚を痛め脂性の頭皮に変えてしまいます。

それが抜け毛の原因となるため気を付けた方がよいでしょう。

もし毎日シャンプーをしているのに頭皮のニオイが気になる方はシャンプーが合っていないので変えることをおすすめします。

>>頭が臭いと思った時に試してほしいオススメのシャンプー3選

 

またシャンプーをしないでお湯で洗髪する「湯シャン」は抜け毛を減らし、美髪へと変える話題の洗髪方法です。

この湯シャンを続けたことで薄毛が改善されたという報告まであります。

>>湯シャンでハゲが治るのか3年間検証してみた結果

気になる方は是非試してみてください。

 

まとめ

薄毛が始まったときはすでに何かしらの原因が存在し、ほっておいても進行するだけですのですぐ何かしらの対策・行動を起こす必要があります。

自分の薄毛の原因は何なのか正しく知る必要がありますが、基本的にAGA(男性型脱毛症)かストレスによる血流不足が多いようです。

AGAの場合はAGA治療、血流不足による場合は、育毛剤の使用やマッサージ、そして生活習慣の改善が必要です。

既に進行している人もこれらの対策は必要ですが、時間をかけずに確実に増やしたい方は増毛をおすすめします。

是非この記事をよく読んで自分に合った方法を見つけてみてください。

 

NG習慣

ハゲ・AGA

【これだけはNG】ハゲる前に止めておけばよかったと思う習慣4つ

2020/4/20  

  私が薄毛になる前にこれだけは止めとけばよかったと思う習慣があります。 もし過去に戻れるのなら必ずこんな習慣はやらないでしょう。 もしあなたの髪がハゲてなくもしくはまだ薄毛になり始めたばか ...

ハゲなのにモテる理由

ハゲ・AGA

あの人はハゲなのに何故モテる!?理由を聞いたら誰でもできることだった!

2020/4/20  

  いきなりですがハゲててもモテる人っていますよね。 いや、髪はあった方がモテるに決まってる!それはそれで間違いではないのですが、、 しかし、特に顔がカッコイイわけでもないのにモテている人が ...

湯シャンハゲ

ハゲ・AGA

湯シャンでハゲが治るのか3年間検証してみた結果

2020/5/18  

  湯シャンはハゲに効果的!? 今回は”湯シャン”でハゲが治るのか?ということを記事にしました。   私は湯シャンを始めて3年ほどになります。シャンプーは週に1回です。 さてポイン ...

 

育毛・発毛のブログでアセトが何位かチェックしていただくと有難いです!
↓↓↓↓↓

育毛・発毛ランキング

-ハゲ・AGA

© 2020 アセクラ Powered by AFFINGER5